クレジットカードの審査について

クレジットを発行してもらう前には、個人情報と信用情報について確認されるようになっています。クレジットカードの審査が甘いとか厳しいとか耳にすることもありますが、実際にそう言った場所があるので嘘ではないのです。厳しいところと言うのは細部まで確認をし、基準が高めに設定されているから厳しいと感じ、甘いところは安定した年収や年齢をクリアすれば良いと言う場所になるのかもしれませんね。(…クレジットカードの作り方)ただ、審査が甘いからと言って油断して申し込みをすれば、痛い目を見ることもあるため注意が必要です。

クレジットカードはそんなに厳しくないので落とされてしまう可能性は割と低い方なのではないでしょうか。受ける前に一度シミュレーションをしてみるとか、質問してみるのが良いと言えます。カード会社のサイトに診断がありますから、ぜひ活用をしてから頼ってみてはいかがでしょう。 まずはシミュレーション

クレジットカードで重視されるのは?

クレジットで重視されるのは、返済能力や性格、資産を持っているのかということなのです。
返済能力があるのかどうかと言うのは、クレジットカードを利用させても大丈夫なのかどうかという事に繋がってきます。

性格と言うのは、真面目に返済をしてくれるのかどうか見極めるために重視されるようになっていますので、真面目な型であれば◎。真面目さを測る指標となるものは、勤続年数やクレジットカードの利用回数、返済実績、申込書の字の綺麗さや丁寧さ。情報だけが大事なのではなくて、字の書き方までしっかり判断するものとして確認されているとは不思議な感じです。 申し込みは丁寧に

資産があるのかどうか確認するのは、最悪の場合でも未回収にならずに済むためだと言われているのです。近年では、勤続年数が短すぎて審査に落とされてしまっている方が多くなってきているので、気を付けましょう。


在籍確認は必ずしますか?

気にしている方が多いのが、この在籍確認についてなのではないでしょうか。本当にその会社に勤めているのか確認するために、会社へ連絡がかかってくることなのですが、多くの場所では必ず行なっています。在籍確認の連絡がかかってきたにもかかわらず、自分が出ることが出来なかった場合でも、審査に落とされてしまう事はありません。電話に出て下さった方が、ただいま席をはずしていると告げるだけで、確認取れたことになるのです。ですから、電話に出られなかった・・・と落ち込む必要はないのですよ。クレジットカード会社によっては、連絡してほしい時間帯や日にちの指定が可能なので、ご自分の都合に合わせてみるのも良いでしょう。

クレジットカードの利用限度額