クレジットカードは約束カード

突然ですが、クレジットカードとは何だと思いますか?買い物をする際に時折、「支払いはカードで。」と言ってカードを差し出す方がいらっしゃいますが、あんなカード一枚でなぜ買い物が出来るのでしょうか。


自分の口座がお財布になる

クレジットカードの作り方は、本人確認書類や他に必要な書類を用意して審査を受けるというものですが、その中には口座の登録というものがあります。この口座自体が、「お財布」となる訳ですね。そしてカードの支払期日にこのお財布にお金を入れておけば、カード会社が自動的にお金を引き落としてくれるという訳です。実際に自分が持っているお財布に沢山現金を入れて持ち歩かなくてすむので、カードを利用して身軽にお買い物を楽しむ方も増えています。


クレジットカードは支払の先延ばし契約

自分がお店でカードを使う際に、暗証番号の入力や直筆サインを求められます。それがカードを使うという合図です。そのデータが会社に送られ、支払日に支払金額として引き落としが行われます。(…クレジットカードはどこで利用できるのか)自分が商品を受け取るのはそのお店でカードを使った直後なので、クレジットカードを利用するということは、その場で「後で現金を渡しますよ。」という先延ばしの契約を結んでいるということになります。

このように、クレジットカードは約束で成り立っているカードです。支払期日を守らなかったり支払えない程お買い物の金額を増やしてしまったりする方は、約束破りという訳です。自分が約束をするのだと自覚を持ち、支払期日を守って計画的にカードを利用するようにしましょう。